32ビットノート(CF-Y7)にdebian11をインストールする

概要

Panasonic の古いノートPC CF-Y7 に、Debian11(Bullsye)をインストールした記録です。

このPCは以前にもDebianを入れようとしましたが、インストールを開始すると画面が真っ暗になって前に進みませんでした。しかたなくUbuntuを入れて使っていましたが、 Ubuntuが32bitのCPUのためのイメージを出さなくなったので、Debianのインストールに再挑戦しようということになりました。

今回はフレームバッファを使わないという起動パラメータを追加してインストールを開始できました。

ただし、どういうわけかロケールに日本を指定できず、インストール後にロケールを追加しなければなりませんでした。これはその記録です。

ロケール追加すれば問題なく使えています。しかし、インストーラの選択と起動パラメータの組み合わせによっては、うまく行く方法があるようなので、今後続報としてページをあらためて記録する予定です。

型番: Panasonic CF-Y7
memory: 2.0GiB
SSD: 160GB
CPU: Intel Core2 Duo 1.8GHz✕2
入れたOS: Debian GNU/Linux 11 32bit
    (debian11.2.0-i386netinst.iso)

インストール時に選択するJapaneseやJapanには3つの役割があります。一つはインストール時の説明に使う言語です。これは日本語が選べず英語にしました。2つ目はタイムゾーン選択です。これは注意すると日本を選べます。3つ目はロケールです。ja_JP.UTF-8 を選べず、とりあえず en_US.UTF-8 でインストールしました。再起動後にja_JP.UTF-8 を追加して変更することができます。

漢字変換は ibus-mozc のインストールだけでうまくいきました。フォントは追加せずとも一応の漢字は使えていますが、今後IPAフォントなどを追加する必要が出るかもしれません。

ISOファイルの入手

現在のバージョンは11.2.0が11.3.0になっていますが、基本的に同じです。

本家はwww.debian.orgです。Debian Buster のインストールで紹介した入手先ですが、デザインがちょっと変わりました。

www.debian.orgの入り口ページ

このページの右上の[Download]をクリックすると、https://www.debian.org/download へ移ります。このページにいくと自動的に debian-11.2.0-amd64-netinst.iso のダウンロードが始まってしまいます。このファイルは、64ビットPC(amd64)用です。これは400MB程度なのですが、このページに行くたびにダウンロードになるのは煩わしい気もします。

amd64タイプのCPUが大部分を占め、network install がお勧めなので、こうなっていますが、amd64以外が必要ならば右下部の「More...Further links to downloads and software」からたどることができます。

たどる道筋は省いて32ビット用のものをダウンロードできるのはここ。

入手先はhttps://www.debian.org/distrib/

amd64以外のインストーライメージがあるページ

このページは日本語で見えるはずです。

中程に [64 ビット PC netinst iso] [32 ビット PC netinst iso] が並んでいます。32ビットの方をクリックすると、debian-11.2.0-i386-netinst.iso のダウンロードが開始されます。現在は debian-11.3.0-i386-netinst.iso になっています。

右上の方には、インストールマニュアルへのリンクもあります。CPUの種類ごとに各国語が用意されています。

今回ダウンロードしたものはこれです。

debian-11.2.0-i386-netinst.iso

11.2.0はバージョンで、11になってからはじめてのバージョンが11.0.0、今回は2つめのものです。netinstはネットワークインストールで、最小限でインストールをはじめて、他のものはネット経由でインストール時に取り寄せるというものなので、多少古くても、インストール後は同等になると期待できます。ただし、不具合などが残っている可能性もあるので新しいもののほうが多少は安心です。

JPプロジェクト

上記はDebianの本家のサイトです。この他に、Debian JP Projectという任意団体が運営する日本のサイトがあります。

それが、https://www.debian.or.jp/です。

www.debian.or.jpの入り口ページ

Debian10の時には、一時的にリンクミスがありましたが、改善されました。今回のDebian11ではうまく行っています。

普通、一番目立つ「ダウンロード」に行くと思います。下図の赤い矢印です。

これをクリックするとこうなります。

インストールイメージを選択するページ

いろいろなインストールイメージが選べるように一覧になっています。本家ではnetinstに誘導されますが、こちらではLiveイメージが推薦されているようです。

今回は、[ PC/サーバー用 netinstイメージ 64 bit(amd64) / 32 bit(i386)]から、[32 bit(i386)]を選択します。

USBメモリへの書き込み

最近はUSBに書き込んでUSBから起動するのが一般的です。Debianではとても簡単です。Windowsでもそれなりの方法があるはずです。

Debianの「インストールマニュアル」に書いてありますが、探すのはちょっと面倒です。Debian JP Projectのダウンロードのページの方がわかりやすい。

# cat hoge.iso > /dev/sdX
# sync

です。最後のsyncの代わりにGUIでアンマウントしてもいいでしょう。

sdXのXを調べるためには、mountコマンドが使えます。

今回インストールマニュアルを改めて読むと、USBメモリへイメージを書き込んだ後に、残った領域にファイルシステムを作って追加のファームウェアなどを入れる方法が書いてありました。すでにもう一つのUSBメモリを使って済ませていますが、今後検討する価値はあるかもしれません。

# mkdosfs -n FIRMWARE /dev/sdX3
# mount /dev/sdX3 /mnt
# cd /mnt
# tar zxvf /path/to/firmware.tar.gz
# cd /
# umount /mnt

このように端末を使うように書いてありますが、GUIでも行けるでしょう。

現在、Debian10とUbuntu20.04を使っていますが、Ubuntuでは何かとうまくゆかず、Debianで作業しました。

rootになって実行する必要があります。書換対象のUSBメモリを表すsdXがsddかどうかは、よくよく確認しないと危険です。

adachi@fumita:/media/adachi/S1T/M03$ cat debian-11.2.0-i386-netinst.iso > /dev/sdd
bash: /dev/sdd: 許可がありません
adachi@fumita:/media/adachi/S1T/M03$ su
パスワード:
root@fumita:/media/adachi/S1T/M03# cat debian-11.2.0-i386-netinst.iso > /dev/sdd
root@fumita:/media/adachi/S1T/M03# sync

一度ぬきさしをして、自動マウントさせると、次のように認識されます。

root@fumita:/media/adachi/S1T/M03# df
ファイルシス   1K-ブロック      使用    使用可 使用% マウント位置
udev               7100928         0   7100928    0% /dev
tmpfs              1425956    136440   1289516   10% /run
/dev/sda1         28704676  15579956  11643556   58% /
...省略....
/dev/sdb1        976760404 449451308 527309096   47% /media/adachi/W1T
/dev/sdc1        976759804 631019352 345740452   65% /media/adachi/S1T
/dev/sdd1           481280    481280         0  100% /media/adachi/Debian 11.2.0 i386 n

Ubuntuでも書き込める

Ubuntuでうまく行かなかった理由を調べてみます。必要のない方は読み飛ばしてください。

まず、sudoではダメな様子でした。Ubuntuは管理者のパスワードを入れずに、インストール時の一般ユーザーにsudoの権限を与えます。

adachi@ebook:~/Downloads/iso-deb$ sudo cat debian-11.2.0-i386-netinst.iso > /dev/sdb
bash: /dev/sdb: 許可がありません

ちなみに、このUbuntuマシンでは ターゲットのUSBメモリは /dev/sdb に割り当てられています。

sudoではだめなようなので、管理者になります。Ubuntuで管理者(root)になるには sudo su とします。

adachi@ebook:~/Downloads/iso-deb$ sudo su
root@ebook:/home/adachi/Downloads/iso-deb# cat debian-11.2.0-i386-netinst.iso > /dev/sdb
bash: /dev/sdb: メディアが見つかりません

うまくいっていませんが、sudoとは反応が違いますね。

mountしたまま、パーティション操作を含む操作をしては不味いだろうと、自動でmountされたUSBメモリをGUIからumountしていたのが原因かもしれないと推測して、umountせずに実行してみました。

root@ebook:/home/adachi/Downloads/iso-deb# mount|tail -2
/var/lib/snapd/snaps/core_12941.snap on /snap/core/12941 type squashfs (ro,nodev,relatime,x-gdu.hide)
/dev/sdb on /media/adachi/blue type vfat (rw,nosuid,nodev,relatime,uid=1000,gid=1000,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,showexec,utf8,flush,errors=remount-ro,uhelper=udisks2)
root@ebook:/home/adachi/Downloads/iso-deb# cat debian-11.2.0-i386-netinst.iso > /dev/sdb
root@ebook:/home/adachi/Downloads/iso-deb# sync

うまくいきました。

今回判明したポイントは、(1)sudoでなくsuを使う。(2)マウントしたまま書き込む。

USBから起動

CF-Y7 にUSBメモリを挿して、スイッチを入れるだけでUSBから起動しました。。CF-Y7 の BIOS セットアップは起動時にF2を押すと出てくるのですが、今回は不要でした。

すぐにインストーラーメニューが出てきます。

インストーラーメニュー

ここから、最初の [Graphical Install] を選んでも [Install] を選んでも画面は真っ黒で何も表示されません。何年か前に起こったことと同じです。

https://www.debian.org/releases/stable/i386/ch05s01.ja.html#boot-screen の記述

「インストーラやカーネルに起動パラメータを追加する必要がある場合は、Tab (BIOS ブート) または e (UEFI ブート) を、次に down arrow を3回、それから end を押してください。これで、選択したメニューエントリのブートコマンドに入り、要望に合わせて変更できます。ヘルプ画面 (後述) では、いくつか共通で使用可能なオプションを列挙しています。オプションを指定してインストーラをブートするには、Enter (BIOS ブート) または F10 (UEFI ブート) を押してください。Esc を押すと、ブートメニューに戻り、行った変更を取り消します。 」

を見つけてとりあえず[Tab]を押すと、画面下部にインストールコマンドが表示されます。上の記述にある 「down arrow を3回、」のところはそのとおりにはなりません。

カーソルが [Graphical Install] にあれば、

/install 386/vmlinuz vga=788 initrd=/install.386/gtk/initrd.gz ---quiet _

カーソルが [Install] にあれば、

/install 386/vmlinuz vga=788 initrd=/install.386/initrd.gz ---quiet _

gtkフォルダ内のinitrd.gzを指定するかどうかの違いです。vga=の値を指定するのは Graphic install の場合だけと思っていたのですが、両方出ています。

実際の画面はこんな感じ。

インストーラーメニューでTab

vga=788 は 800x600 16bitsを指定していることになります。間違った値を指定すると、使用可能な video mode が列挙されますが、それを一覧表にすると次のようになります。列挙されるのは16進で表示されますが、vga=のあとは10進で指定しています。下の表は 16進数(10進数) としました。

Colours 640x480 800x600 1024x768 1280x1024
8 bits 301 (769) 303 (771) 305 (773) 307 (775)
16 bits 311 (785) 314 (788) 317 (791) 31A (794)
24 bits 312 (786) 315 (789) 318 (792) 31B (795)

全部を試してみたわけではありませんが、表にある 771や791などを指定しても画面表示はなくなります。

1400x1050-8bit が vga=835 であるという情報を得てこれを試しました。

/install 386/vmlinuz vga=835 initrd=/install.386/gtk/initrd.gz ---quiet _

初めて真っ暗な画面にならずに、次の表示が現れました。343は835の16進表示です。

Undefined video mode number 343
Press <ENTER> to see video modes available, <SPACE> to continue

<ENTER>を押すと上記の「使用可能な video mode」が列挙され、<SPACE>だとエラーログが止まらなくなります。

fb=false でなんとか起動

初めて文字が表示されたので、これに fb=false を加えてみました。これは Help の中に vga=normal fb=false というパラメータの例があったことに由来します。

すなわち

/install 386/vmlinuz vga=835 fb=false initrd=/install.386/gtk/initrd.gz ---quiet _

やはり、次のような表示になります。

Undefined video mode number 343
Press <ENTER> to see video modes available, <SPACE> to continue

違うのは、<SPACE>で install が開始されるところです。

後日、Graphic install ではなく Install を選択して vga=835 を指定していれば、 fb=false を指定しなくても install に進めたことがわかりますが、これは次のページで。

言語とロケール(なぜか日本語がない)

(1)言語選択[Select a language]

インストールに使う言語の指定ですが、インストール後のシステムのデフォルト言語にもなります。

Select a language

Bulgarian の右の ∎∎∎∎∎∎∎∎∎ は Debian10 の記録と見比べると、キリル文字がうまく表示されない部分のようです。Catalanの下にChineseがあるはずですが、見えません。スクロールしていくと、Italianの次に出てくるはずのJapaneseもありません。

fbを無効にした影響なのだと推察しますが詳細は不明です。

しかたがないのでEnglishを選択します。

(2)所在地選択[Select your location]

タイムゾーンとロケールに使うと言っています。これもいつもは日本があるのに、なかったのですが、otherからたどっていけます。説明を改めて読むと書いてありました。

[other] ⇨ [Asia] ⇨ [Japan]

とたどってJapanにします。

(3)ロケール設定[Configure locales]

en_で始まるものしかリストにありません。en_GB.UTF-8, en_US.UTF-8 をはじめ、en_NG.UTF-8, en_PH.UTF-8 などたくさんあります。

en_US.UTF-8にしておきます。あとで追加することも可能でしょう。

(4)キーボード[Configure the keyboard]

これにはJapaneseがあります。

ネットワークの設定(今回はWi-Fiで)

(1)追加ファームウェアが必要な機器の検出[Detect Network hardware]

ネットワークハードウェアにnon-freeのファームウェアが必要とか。本来なら有線でインストールして、後にパッケージマネージャで追加するのが良いが、今回は有線のない場所で、Wi-Fi環境で作業せざるを得ないので、仕方がない。

Detect network hardware

必要なのは iwlwifi-4965-2.ucode

「iwlwifi-4965-2.ucode」などでの検索で https://packages.debian.org/bullseye/firmware-iwlwifi を得られますが、本来はdebian.org内でnon-freeやiwlwifiなどを使って探すのが吉。

このページの最下部に「firmware-iwlwifi のダウンロード」の欄があって、そこに アーキテクチャ all が一つだけなので、そこから、 https://packages.debian.org/bullseye/all/firmware-iwlwifi/download に進み、近いサイト(ftp.jp.debian.org/debian) を選んでダウンロードします。

ダウンロードされるパッケージはfirmware-iwlwifi_20210315-3_all.deb

解凍せずにこのまま適当なUSBメモリにコピーして CF-Y7 に追加で挿せばOKです。

(2)インストールに使用するNICの選択[Configure the network]

有線の接続口もあるので、インストールでどちらを使うかを選択する必要があります。もちろん今回はWi-Fiの口です。

enp5s0: Marvell Technology Group Ltd. 88E8055 PCI-E Gigabit Ether
wlp3s0: Intel Corporation PRO/Wireless 4965 AG or AGN [Kedron] Ne

wlp3s0 を選びます。

(3)接続ポイントの選択[Configure the network]

Wi-Fiの接続先が検出されて一覧になります。自宅だけでなく隣家のものも検出されるスマホなどで見慣れたものがでます。PassKeyがすぐにわかるものを選択する必要があります。

(4)Wi-Fi認証の有無[Configure the network]

ネットワークのタイプを聞かれます。

Wireless network type for wlp3s0:
    WEP/Open Network
    WPA/WPA2 PSK

WPA/WPA2を選びます。

(5)パスフレーズ入力[Configure the network]

WPA/WPA2 PSK 認証のパスフレーズを入力します。

認証に少し時間がかかります。

ホスト名ユーザー名などの設定

Dedianの昔ながらの設定項目です。いつもと同じなので詳細は省略。

ホスト名
ドメイン名
rootのパスワード
rootのパスワード確認入力
一般ユーザーの普通の名前
ユーザー名
そのパスワード
パスワード確認入力

ハードディスクの分割(Pertition disks)

まずは大雑把に自動か手動かの選択

選択肢は4つです。

ガイドありで、ディスク全体を使用
ガイドありで、ディスク全体を使用(LVMを使う)
ガイドありで、ディスク全体を使用(暗号化してLVMを使う)
手動

ディスク全体を使うのであれば、次にどのディスクにするかの選択が続くと書いてあります。

このPCは現在WindowsVISTAとUbuntuのデュアルインストールです。Windowsはまず使わないので、ディスク全体を使ってもいいのでけれど、今回はいままでのUbuntuの部分だけを入れ替えることにします。

変更するパーティションの選択

手動(Manual)を選択すると、次のような画面になります。

SCSI2(sda)には #1, #2, #5, #6 の4つのパーティションが見える

最初の5つの設定は使いません。次にSCSI2(sda)として #1, #2, #5, #6 の4つのパーティションが見えています。

スクロールすると使用しているUSBメモリも sdb, sdc として見えてきますがこれは使いません。

SCSI2(sda)はUbuntuをインストールした時にWindowsパーティションをWindowsの機能で縮小し、2つのパーティションを追加しています。#1, #2 はWindowsのパーティション、#5が古いUbuntu、#6がスワップです。#5にインストールするように設定します。#6はそのまま使用されるでしょう。

今回は不要ですが、パーティションの切り直しや拡大・縮小もここからできます。

#5パーティションの設定

#5を選択します。「Use as: do not use」になっていますが、これは今回のインストールでの役割で使うことになっていないということです。

Use as: do not use になっている

[Use as: do not use]で[Enter]を押すと、file system の選択になります。

Ext4,Ext3,Ext2,btrfs,...

今までどおりに Ext4 として使うことにします。

Ext4を選ぶと、3つの設定項目が増えています。

Ext4の選択したあとの設定項目

Format the Partition: を "no, keep existing data" から "yes, format it" にします。

Mount point: を "none" から "/" にします。

どちらも選択することで入力できます。

Formatを選択することで、項目が増えますが変更しなくて良いでしょう。

format と Mount pointを変更したの図

[Tab]キーを使ってカーソルを<Go Back>に移してから、[Enter]でもどります。

#5の部分に

#5の部分に"/"が入っています。ここにルート以下全部の構造を入れるという指示になっています。

これでパーティションへの変更指示は終了ですが、他の指示がないか待っている状態です。

パーティション設定の終了

先に進むのには<Go Back>ではありません。スクロールして下の方を表示させ、[Finish partitioning and write changes to disk]を選択して[Enter]します。

[Finish partitioning and write changes to disk]を選択の図

(<Go Back>を選択してしまうとインストーラのメインメニューに行ってしまいます。ここのメニューに沿って進行しているとはいえ、我々にとってはここに戻ると戸惑うことになります。この場合は[Pattition disks]に進めば元の所に戻れます。)

[Finish partitioning and write changes to disk]に進むと最終確認になります。確認後<Yes>を選択して[Enter]します。

最終確認

#5と#6だけが変更されることを示しています。これは指示通りです。違っている場合は<No>で戻ってやり直すことができます。

diskにパーティション情報の書き込みが行われると、Base system をインストールしていると表示が出て少し待たされます。

パッケージマネージャーの設定とソフトの選択

Debianのミラーサイトを設定します。まずJapan選択し、続いてデフォルトとして、deb.debian.orgを選んでくるので[Enter]します。

次はプロキシーサーバーを尋ねてきますが、なければ空欄のままにします。

次にpopularity-contestに参加するかを聞いてきます。最近はNoがデフォルトになりました。このまま[Enter]で進みます。

次にインストールするソフトを選択します。候補は大してありません。

[*] Debian desktop environment
[*] ... GNOME
[ ] ... Xfce
[ ] ... GNOME Flashback
[ ] ... KDE Plasma
[ ] ... Cinnamon
[ ] ... MATE
[ ] ... LXDE
[ ] ... LXQt
[ ] web server
[*] ssh server
[*] standard system utilities

以前に比べてデスクトップ環境の種類が増え、サーバーのたぐいは減りました。これ以外のソフト(ここで選択しなかったものを含めて)はインストール後に追加できます。

デスクトップ環境は、やはりデフォルトのままGNOMEを使うことにします。以前Cinnamonを追加で入れて切り替えて使用しようとしたが、アイコンが重複するなど設定がぶつかって難儀したことがあります。またXfceやLXDEなどの軽量を謳った環境を使ったこともありますが、それほど速くならないし、快適ではありませんでした。

このあと、本格的にネットワーク経由でのインストールが始まります。今回はWi-fi経由なので不利ですが、30分程度で終われました。

GRUBのインストール

最後に、GRUBをインストールするか聞いてきます。Windowsも入っているので、現在Windows専用のブートローダーが入っています。これをWindowsとDebianを選択して起動できるブートローダーに変えようとしています。もし、GRUBがすでに入っているDebian以外のOSを正しく認識できなければDebian以外のOSが起動できなくなります。

画面には Windows Vista が入っていることを認識したとありますので、<Yes>と答えればいいのです。認識されない場合に打つ手はありませんが、いままでにそんなことになったことはありません。

次にGRUBをいれる場所を選択します。説明に従って primary drive を選択してやります。

GRUBをいれる場所を選択

/dev/sda が内蔵されたSSDで、sdb, sdc がUSBメモリです。

残るは再起動のみ

これで残るは再起動のみです。インストールに使ったメディアを抜けとありますが、もう少し進んでOSがダウンしてから抜いたほうがすんなり行きます。continueする前に抜くとスクリプトが停止して自動で再起動できなくなったことがありました。そんな時は手動で再起動すればいいだけではあります。

新OSの起動

再起動するとGRUBの起動メニューになります。Windows VISTA が入ったままなのでこれを検出してメニューに入っています。

GRUBの起動メニュー

画面の選択肢は次の4つ。

*Debian GNU/Linux
 Advanced options for Debian GNU/Linux
 Windows Recovery Environment (on /dev/sda1)
 Windows Vista (on /dev/sda2)

触らなければ5秒程度でデフォルトの Debian GNU/Linux が起動します。

設定したユーザーを選んで(ひとつしかありませんが)パスワードを入れるとデスクトップになります。

GNOMEデスクトップ画面

ロケールの変更

インストールの都合で en_US.UTF-8 になってしまいました。

localeコマンドで現状を把握します。

adachi@dvorak:~$ locale
en_US.UTF-8
LANG=en_US.UTF-8
LANGUAGE=en_US:en
LC_CTYPE="en_US.UTF-8"
LC_NUMERIC="en_US.UTF-8"
LC_TIME="en_US.UTF-8"
LC_COLLATE="en_US.UTF-8"
LC_MONETARY="en_US.UTF-8"
LC_MESSAGES="en_US.UTF-8"
LC_PAPER="en_US.UTF-8"
LC_NAME="en_US.UTF-8"
LC_ADDRESS="en_US.UTF-8"
LC_TELEPHONE="en_US.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="en_US.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="en_US.UTF-8"
LC_ALL=

/etc/locale.gen を編集します。ja_JP.UTF-8 UTF-8 の行頭の#を削除するだけです。

# This file lists locales that you wish to have built. You can find a list
# of valid supported locales at /usr/share/i18n/SUPPORTED, and you can add
# user defined locales to /usr/local/share/i18n/SUPPORTED. If you change
# this file, you need to rerun locale-gen.
...
# en_SG.UTF-8 UTF-8
# en_US ISO-8859-1
# en_US.ISO-8859-15 ISO-8859-15
en_US.UTF-8 UTF-8
# en_ZA ISO-8859-1
# en_ZA.UTF-8 UTF-8
...
# iu_CA UTF-8
# ja_JP.EUC-JP EUC-JP
ja_JP.UTF-8 UTF-8
# ka_GE GEORGIAN-PS
# ka_GE.UTF-8 UTF-8
...

locale-gen でja_JP.UTF-8を作成します。

root@dvorak:/home/adachi# /usr/sbin/locale-gen 
Generating locales (this might take a while)...
  ja_JP.UTF-8... done
  en_US.UTF-8... done
Generation complete.

/etc/locale.gen に基づき、#でコメントアウトしていない2つのロケールが生成されたということです。

この2つのロケールのうち、ja_JPを有効にします。

root@dvorak:/home/adachi# /usr/sbin/update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
*** update-locale: Warning: LANGUAGE ("en_US:en") is not compatible with LANG (ja_JP.UTF-8). Disabling it.

互換がないのでen_USを無効にすると言っていますね。複数を有効にできる組み合わせもあるということですね。

localeコマンドで確認します。

adachi@dvorak:~$ locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"
LC_NAME="ja_JP.UTF-8"
LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL=

rootで実行したので、これがシステムのデフォルトになるのだろうと思います。ユーザーごとにできるのかもしれません。

/homeのディレクトリは、再起動時(たぶんログインでいいと思う)に日本語に変えると言ってきますが、そのままにします。

これで、いつもやっている LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update の実行が今回は不要になりました。

ロケールを変更するのに dpkg-reconfigure locales が使えるという情報もありましたが、ここでは使えませんでした。

漢字変換

日本語の文字と漢字変換を入れて設定するのは、かつてはとても面倒なものでした。最初からインストール言語やロケールに日本,日本語を選べばすんなり入るようになりましたが、後からロケールを変更しただけで全部がうまく行くかについては経験がありません。

パッケージマネージャによると、input-method には ibus が入っている様子です。前のバージョンのDebian10ではuimでしたが、漢字変換モードなのか直接入力なのかの表示が出なくて、ibusに変更してうまく行ったという記憶があります。これで正解でしょう。

ただし、ibus-mozc が入っていないので、漢字変換がanthyです。パッケージマネージャで ibus-mozc 導入すれば必要なものは依存関係を考慮して入れてくれます。

IPAなどのフォントが必要であれば入れておくのがいいでしょう。